毎日メガネを綺麗にする事

メガネ拭きだけで終わらせない

コンタクトレンズやレーシック手術が普及しても、メガネは根強い人気をキープしています。付け外しが簡単で扱いやすい点など、メガネを使うことのメリットは豊富です。視力が低下しなければ同じメガネを使い続けることができますが、長く愛用する為にはレンズのお手入れを毎日する必要があります。メガネを購入した時の付属品にメガネ拭きとして柔らかい布がついているので、これを使うのが正しい手入れ法だと思っている人は多いのではないでしょうか。

レンズを傷めないためには、水洗いをすることが大事です。蛇口から水道水を流して、そのままレンズをすすいでもいいですし、容器に水をためてからメガネを中に入れて汚れを洗い落としても構いません。

水洗いをした方がいいのはなぜか

わざわざ水洗いしなくても、メガネ吹きでも汚れやほこりはきれいにふき取れたように見えます。しかし、乾拭きをすると肉眼には見えないレベルの小さな傷がついてしまう恐れがあるのです。レンズが傷だらけになると、視界が悪くなってしまいます。水だけでは落ちない皮脂汚れは、中性洗剤を少しだけレンズに垂らして落としましょう。洗い終わった後は、ティッシュやタオルなどでそっと水分を吸い取るだけで充分です。

水よりもお湯の方がレンズを消毒できていいように思えるかもしれません。しかし、お湯を使うとレンズを保護したり、反射防止を目的に施されているコーティング部分がダメージを受けてしまうからです。必ず清潔な水を使いましょう。