付けやすいメガネを選択する

メガネが顔の輪郭に合っているかを確認する

メガネを選ぶ時には、まずは実際に店舗に行って実物をかけてみる事から始めます。自分の顔に対して広すぎたり狭すぎたりするメガネは選ばないようにしないといけないです。また、かけてみた時にずれないかを確認する必要があります。メガネによっては、鼻にかかる位置が調整できるものもあり、そちらの方が後々の調整が簡単にできます。それに、メガネのレンズの大きさも確認する必要があります。大きすぎるとメガネが重くなり、小さすぎると見える視界が狭くなるのでそのバランスをとる事が大事です。メガネの材質も重要で、チタンなんかでできているメガネはフレームがとても軽くなります。自分の予算に合わせてメガネを選ぶようにすれば良いでしょう。

実際にレンズを入れた状態でかけてみる

メガネは実際にレンズを入れた状態と入れてない状態では、かけ心地が全然違ってきます。レンズを入れる前はフレームが顔からずれなかったのに、レンズを入れたとたんにメガネが重くなってフレームがずれると言う事が頻繁に起こります。メガネがずれる場合には、フレームの広さを調整して狭くする方法や、鼻にかかる部分を「やっとこ」を使って調整する方法などがあります。「やっとこ」を使って調整する場合には、安易に自分ですると元に戻らない事があるので注意が必要です。その場合には専門家に診てもらうのが一番良いです。メガネの鼻にかかる部分に張り付けるシリコン製のパッドがインターネットなどで売られています。ずれが激しい場合には、それを付けると良いでしょう。